肌をキレイにする効果

コラーゲンの美肌効果が近年特に言われるようになりましたが、基礎化粧品の多くに「コラーゲン配合」とか、「コラーゲン入り」と表示されています。

体の様々な部位で効果を発揮しているコラーゲンですが、肌だけでなく髪の毛も良い髪の毛にして、ハリやコシが出る他太くする効果も期待されています。

コラーゲンは、鶏の手羽先他、牛肉や豚肉、魚などに含まれていますが、日本では煮物にすると冷めて固まりコラーゲンが溶け出して、ゼリー状の煮凝りができますが、その煮凝りがコラーゲンの固まりです。

コラーゲンはゼリー状の方がより消化吸収が良くなると言われています。

元々人間の体内に存在して、毎日生成されているコラーゲンですが、体内でも特に皮膚に多く存在しています。

ezefeys

コラーゲンの皮膚での働きは保湿で、保湿力の大きいコラーゲンのため、人間の皮膚も潤いを保っています。

しかし、年と共に体内での生成量が減り、シミやたるみなどができて、ハリを失うなどの年齢肌になってしまいます。

人間の体を覆っている皮膚の表皮の内側にあるだけに、コラーゲンの不足は如実に表れてしまいます。言い換えれば、コラーゲンが十分ならキレイな肌でいられるということです。

しかし、食べ物からコラーゲンの1日の接収量を摂るのは難しく、加齢とともの体内で生成される量も減っていきます。

そして、コラーゲンが含まれる食べ物を食べてもすぐには効果が出ません。肌にコラーゲンの効果が表れるまでには時間がかかります。

そのため、コラーゲンの不足分を補うには、体内に吸収しやすく作られている健康食品やサプリメントを長期的に飲むのをおススメします。

肌だけでなく、体のあらゆる部分のコラーゲンに働きかけますから、若返り効果が期待できます。