美容だけでなく健康のためにも

現代の人はどこそこ健康不安を感じている人が多く、「自分の体は健康!」と、自信をもっていえる人は少ないといいます。
疲れを感じているのは大人ばかりでなく、小学生も疲れを感じているというので驚きます。昔は小学生が疲れを感じるなんて想像もつきませんでしたが、大人の世界を反映している結果なのでしょうか?
そして本来なら働き盛りのはずの中年の人が慢性疲労を訴えたり、睡眠障害を訴えたりする人が多いです。
「眠れない」とか、「やる気がおきない」とか、あるいは「以前できたことができなくなる」とか、「理由のない不安にかられる」などの症状は、鬱は心の病気というよりも、脳の伝達物質の異常によって起こる病気と言われています。

心と体は密接な関係があり、切り離しては考えられません。
体が健康なら、ある程度のストレスがあっても跳ね返せます。
そこで考えていただきたいのがコラーゲンの健康効果です。コラーゲンとはタンパク質のひとつで、体のあらゆる部分がタンパク質で成り立っています。
特に肌にはコラーゲンが多く、コラーゲンの不足はすぐに肌荒れで表れますから、コラーゲンの効果は肌をキレイにすることが強調されていますが、体内でのコラーゲンの多さから考えると、コラーゲン不足は当然健康にも大きく影響してきます。
コラーゲンが不足すると、シワが増えたり肌のハリが失われるなど、見た目の老化はっきりわかりますが、実は内臓や骨、目他体内あらゆる部分でも老化が進んでいるのです。
現代の人の食事がバランスを欠いた食事が多いことが心配されていて、野菜をしっかり摂ることを奨励されていますが、色々な事情でなかなか必要量が摂れないのが現実です。
バランスを欠いた食事はコラーゲン不足も招いていますが、コラーゲンとは「美肌効果がある」と、認識している人が多く、コラーゲンの関節痛に対する効果とか、血管に対する効果他動脈硬化などへ効果はあまり知られていません。
美肌効果ばかりでなく、理由のない疲れを感じたり体の不調を感じたら、コラーゲンが不足していないかということも考えてみてください。
そして、コラーゲンは食べ物からも摂れますが、1日の摂取量を摂るのは難しく、手軽に摂れるサプリメントや健康食品の利用もおススメします。