コラーゲンドリンクは、どれがいい? > コラーゲンについて > コラーゲンの働きについて、どこまで知ってる?

コラーゲンの働きについて、どこまで知ってる?

美容と健康に高い効果を発揮するコラーゲンですが、人間の体の多くはタンパク質でできていて、たんぱく質のコラーゲンが不足すると、美容にも健康にも影響してきます。

しかも、皮膚のたんぱく質の70%がコラーゲンですから、コラーゲン不足はお肌に直接影響してきます。

コラーゲンは人間の体内でも生成されますが、二十歳を過ぎるころから生成量が減ってきます。よく25歳はお肌の曲がり角とも言われますが、肌に大きく影響するコラーゲンの生成量が20歳ころから減ることから考えれば納得がいきます。

人間の体は20歳ごろがピークで、徐々に衰え始めますから、「20歳はまだ若い」ではなく、20歳過ぎたらアンチエイジングを考えた健康と美容を考える必要があるようです。

iezeow

不足したコラーゲンを補うことでキレイな健康的な肌が期待できます。人間は年齢には逆らえませんが、心がけた分だけ確実にお肌は応えてくれます。

不足したコラーゲンを補うには、食事で補う方法と、サプリメントで補う方法と、美容外科などで注射で補う方法があります。

おススメはコラーゲンが多く含まれている食品を心がけて摂り、不足するようだったらサプリメントで補うことをおススメします。サプリメントは体内に吸収されやすく作られているため、効果も早く表れますからおススメです。

ちなみに、コラーゲンが多く含まれている食品には、鶏の手羽先、牛すじ、モツやレバーなどに多く含まれています。

また、魚類にも多く含まれていて、サケや鯉、ウナギやサンマなどに多く含まれています。特にさんまの皮には多く含まれていますので、皮も食べるようにしてください。