化粧品で活用されるコラーゲン

人間の体の皮膚や臓器他、あらゆる部分に存在しているコラーゲンですが、特に皮膚には多く存在しています。

人間の体に存在しているコラーゲンの70%以上が皮膚に存在していて、皮膚の健康を保っていますから、コラーゲンが皮膚に与える影響の大きさがわかります。

そのため、コラーゲンは健康食品やサプリメントにも使われますが、肌の潤いを保つために大きな効果があり、化粧品にも使われて美肌を作る効果をあげています。

コラーゲンは肌の表面の内側の真皮にあるため、角層に直接働きかけることができ、各層の潤いをしっかり保ち肌トラブルの解決に役立ちます。

肌の健康には保湿が欠かせませんが、年齢と共に体内のコラーゲンの量も減りますが皮膚のコラーゲンも減り、潤いを無くします。そのため、コラーゲンが含まれた化粧水や乳液ほかのコスメで肌の乾燥を防ぎ、シミやシワやたるみを防ぐことができます。

潤った肌が肌のバリア機能も高くなりますから、紫外線などからも肌を守ることができます。

肌には年齢に合った化粧品を選ぶことが大切ですが、コラーゲンの生成量は40代を過ぎると20歳ごろの半分の生成量になってしまうと言われています。

そのため、40歳を過ぎたらコラーゲン入りのコスメで肌の外側からコラーゲン入りのコスメで肌の潤いを保ち、シミやシワなどのない、年齢肌に負けない美肌つくりをすることをおススメします。

保湿剤として高い効果があるコラーゲン入りの化粧水は、高価なものをケチって少しだけ使うよりも、それほど高価でないものをたっぷり使うことをおススメします。