年齢と共に分泌量が減ってゆく

コラーゲンは美容と健康、特に美容に大きな影響を与えるのに、20歳を過ぎたころからすでに体内で生成される量が減っていきます。

コラーゲンの生成量の減り方は激しく、40代で20代のほぼ半分まで減ってしまうといいますから驚きます。

なので、よほど心がけて摂らないとコラーゲン不足になってしまいますが、量だけでなく、年齢と共にコラーゲンの質も衰えて老化現象を早めてしまいます。

そのため、コラーゲンを多く含む食品を心がけて摂るようにしたり、不足している分は健康食品やサプリメントで補うようにすることをおススメします。

peufee

また、コラーゲンは加齢とともに生成量が落ちるばかりでなく、それ以上に問題なのは、コラーゲンの質が悪くなってしまうことです。

コラーゲンが活性酸素による酸化や糖化の影響で劣化して、古びたコラーゲンになってしまいます。肌が黄ばんだり弾力がなくなるほか、ワやたるみができるのもコラーゲンの劣化が言われています。

見た目の若さや健康を保つには、コラーゲンの質を悪くさせないことも大事です。

特にコラーゲンの質が落ちるのが40歳を過ぎたころからで、予防としては紫外線を浴びすぎないとか、活性酸素を作らせないなどの他、糖質を摂り過ぎない、コラーゲンを含む良質なたんぱく質の摂取を心がけるなどがあります。

また、コラーゲンをつくりだす線維芽細胞を元気にすることも大事です。線維芽細胞とは、コラーゲンを作り出す細胞で、コラーゲンを含む食品をしっかり摂るとともにビタミン類を摂ることで効果的にコラーゲンが吸収されて、線維芽細胞を活性化させることができます。

40代からはコラーゲンの生成量が急速に減りますが、上記の事を心がけることでお肌の老化が防げます。