植物性コラーゲンについて

コラーゲンの種類はたくさんありますが、動物性コラーゲンや海洋性コラーゲンの他、植物性のコラーゲンというのがあります。

ただ、「コラーゲンとはたんぱく質の1種」という定義からすると、ちょっと意味不明な感じがしないではありません。

実際には植物にはコラーゲンが存在しません。しかし、植物性コラーゲンと謳っているものは数多くあります。

しかし、「人参由来」とか「大豆由来」とされているコラーゲンサプリが販売されていますが、その理由は、人参由来の物には、コラーゲンが分泌されるときに必要な成分「アミノ酸」が含まれているので、コラーゲンの効果ありと認められているからです。

大豆由来のコラーゲンの場合は、大豆に含まれている大豆ペプチドが、1型コラーゲンの分泌を促す効果が認められているからです。

アーモンド由来のコラーゲンの場合は、シャンプー剤にも使われていることが多く、原料は「加水分解アーモンドタンパク」で、アーモンドのたんぱく質がコラーゲンと同じなので、植物性コラーゲンとされています。

植物性コラーゲンと謳っているものの多くは化粧品ですが、美白や保湿効果が大きいので、植物性コラーゲンと呼ばれているようです。

ちなみに、植物性コラーゲンの保湿力ですが、植物性コラーゲンの保湿力の大きさは、動物性コラーゲンや海洋性コラーゲン他のコラーゲンより大きく、他のコラーゲンの10倍近くもあることが実験結果で認められています。

また、動物性アレルギーや、サバアレルギーの人もいますが、アレルギーのある方にも安心しておススメできるのが、植物性コラーゲンです。