骨に与える効果

人間の体はタンパク質でできています。コラーゲンもタンパク質のひとつですが、人間の体内でのたんぱく質の割合は70%で、そのうちの30%がコラーゲンと言われるほどコラーゲンの量は多く、人間の美容と健康に大きな影響を与えています。

コラーゲンは美肌効果が一番よく知られていますが、筋肉や骨、内臓にも欠かせない成分です。

人間は年を取ると、骨がスカスカになり、骨粗しょう症になりやすくなり、転んだだけでも骨が折れてしまうという現象が起きます、骨にも影響を与えているコラーゲンが十分足りていれば骨粗しょう症が防げます。

また、年を取るとひざが痛くなりがちです。そのため、若いときから趣味でお茶やお花をやってきた中高年の人が膝の痛みのために、趣味のお茶もお花も諦めざるをえない人も多くいます。

ひざの痛みも年齢ととともに不足してくるコラーゲンのために、骨を覆っている軟骨がすり減った結果起こります。

コラーゲンは肉や魚に含まれるタンパク質なので、皮膚の外側から塗っても肌に直接塗っても真皮まで浸透はしません。

コラーゲンは保湿する力が強いので、肌の内側の角質層から水分が逃げるのを防ぎ潤い肌を保つ効果がありますが、コラーゲンを取り込むのは、食べ物から摂る必要があります。

コラーゲンを多く含む食品を心がけて摂り、不足しないようにすることで、体の内部からのプルンプルンの肌の効果が期待できます。

そして、コラーゲン不足から起こる骨粗しょう症や、年を取ってから起こりがちな膝の痛みの予防ができます。