コラーゲンドリンクは、どれがいい? > 注意すべき点 > 食べ物から必要量を摂るのは難しい

食べ物から必要量を摂るのは難しい

年と共に体内で生成される量が減るコラーゲンは、不足しないようにコラーゲンを含み食品を心がけて摂ることをおススメします。

コラーゲンを多く含む食品には、豚骨や手羽先や牛スジなどが知られていますが、魚類にはサケヤサンマなどはいずれも皮のところにコラーゲンが多く含まれていますから、皮つきの物がおススメです。

鶏肉はどの部分にも平均してコラーゲンの量が多く、また、カロリーが少ないのでカロリー制限がある人にもおススメです。

そして、コラーゲンを摂るときに一緒に摂ると体内で効果的に働く成分がというのがあります。

その成分にはビタミンCがあります。ビタミンCと一緒に摂ることでコラーゲンを安定させると言われています。

eiyzefse

ビタミンCを多く含む食品には、野菜では葉物とか赤ピーマンや黄色のピーマンに多く含まれています。また、パセリやブロッコリーなどにも多く含まれていますが、色が濃いものほどビタミンCの含有量が多いとされています。

また、果物には多くのビタミンCが含まれているころは知られてしますが、もし、野菜が嫌いな人は果物から摂ることをおススメします。

ただ、果物は、次々に新種改良がされてきた結果、今のような甘さになりましたが、リンゴなども昔とは比較にならないほど糖分が含まれていますから注意が必要です。

その他のコラーゲンと同時に摂りたい食品には、藻類や芋類などがあります。

ただ、コラーゲンは食べ物から1日に必要な摂取量を摂るのは難しいといわれています。

コラーゲン不足を防ぐには健康食品やサプリメントで効率良く摂ることをおススメします。

同ジャンル・関連ページ

摂り過ぎには注意が必要